沙参

 

効能  肺、胃 効能 清肺養陰、益胃生津

1.肺陰虚による慢性の咳嗽、乾咳、痰が少ない、喀血などに用いる。
沙参は肺熱をさまし、肺陰を補うことができる。
燥熱が陰液を損傷して起こった乾咳、痰が少ない、咽喉乾燥、口渇には、麦門冬、玉竹、桑葉などを配合する。

2.熱病で津液が消耗されて起こった口渇、食欲不振などの証に用いる。
麦門冬、生地黄、玉竹などを配合した、益胃湯を使用する。

 

明日もがんばっておりますので、よろしくお願いします。。

港町神戸 中華広東家庭料理 紅宝石

http://kohoseki.jp/index.html

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中